日本の武器兵器・japaneseweapons は須川 薫雄(しげお)が日米での活動、陸上自衛隊武器学校小火器館顧問、日本銃砲史学会においての経験をまとめた研究である。これらは内外の研究者や協力者に支えられ、特に日本の武器兵器の歴史に重きを置いている。

理解容易、正確性、を期して多くの画像、数字、表、出典を使用した。

日本の歴史や安全保障の背景を考える参考になれば幸いである。

(令和3年11月3日)


「日本の戦乱と平和」にみる
歴史はこの国の戦乱と平和は極端なる波だ


著作: 須川 薫雄
題字: 増永 広春
撮影: 富樫 清、山田 雅人、遠藤 惇一、渡辺 昇、工藤 ケイイチ


サイト利用及び著作権
このサイトの全ての文章、数字データ、図表、写真は須川 薫雄の著作物であり、無断掲載、使用を禁止します。 このHP内容に関する質問はこちらまで。


.